【ブログの種類】第4回 ブログコンテンツの種類

休みなのに間違えて出社してしまった筆者です。

 

さて、今回もブログの種類について見ていきたいと思います。

目次

 

おさらい

まずはおなじみですが、ブログの要素のおさらいをしていきましょう。

 

ブログ = ①コンテンツ配信方法 ✕ ②コンテンツ内容 ✕ ③コンテンツ形式

このブログに当てはめると以下になる

= はてなブログ(無料ブログ) ✕ (Web基礎知識・ブログ基礎知識・教育)✕ 文章

 

過去2回に渡って要素①のコンテンツ配信方法について見てきました。 

ブログの種類 第1回 ブログの分類方法 - tsushan’s blog

ブログの種類 第2回 レンタル型ブログ 無料ブログとは - tsushan’s blog

ブログ種類 第3回 インストール型ブログ WordPressとは - tsushan’s blog

 

今回からは、要素②のコンテンツ内容を見ていきます。

 

コンテンツの内容は主に3種類に分けられると私は考えています。

①特化型コンテンツ

②トレンドコンテンツ

③日記やメモ用のその他コンテンツ

 

ではそれぞれ見ていきたいと思います。

特化型コンテンツ

特化型コンテンツブログとは、一つの分野に標準を定めて、その分野の記事を深く長く書くブログのことである。例えば、ヨーロッパの歴史を一つのメインテーマとしてブログがあったとする。そのブログのコンテンツ内容は、イギリスの歴史10記事、ドイツの歴史20記事などという形で、ヨーロッパの歴史という大きなくくりの中で、深掘りしてブログ記事を更新していくブログのこと。

特化型コンテンツのメリットとデメリットは以下である。

 

メリット

SEOに強い。

・自分の知識が深まる。

・特化型ブログで一つ成功すれば、他のブログでも応用が効くようになる。

デメリット

・リライト作業大変。

・特化型のため、そのブログに書ける分野が限られる。

※上記詳しいことは、また別記事で紹介していきます。今日は割愛。

 

トレンドコンテンツ

トレンドコンテンツブログとは、今の世の中で流行っているもの、流行りそうなものにフォーカスをして、自分の感想や体験を記したり、まとめサイトのようにさまざまなところから情報をまとめたりするブログのこと。

そしてトレンドコンテンツブログのメリットとデメリットは以下である。

 

メリット

・特化型ブログより、一投稿が当たりやすい場合がある。
・何かの分野に関する詳しい知識などが無くても大丈夫。

・世の中のトレンドに詳しくなれる。

デメリット

・記事の鮮度が命のため、特化型よりも継続してブログを更新する必要がある。
・広告収入が不安定。

・競争が高い。
・特化型ブログよりもペナルティのリスクが少し高い。
※こちらも詳しいことは、また別記事で紹介していきます。今日は割愛。

 

日記やメモ用のその他コンテンツ

これはそのままなのだが、特に広告収入などを目的としていなく、

毎日の振返りや、考え方の整理、読書感想文などの投稿がメインになっているブログである。

このブログのメリットとしては、自分が投稿したいように投稿するブログなので、なにも気にしなく、気軽に楽しくブログを書いていけるところだと思う。

 

以上3点が、ブログコンテンツの種類でした。

次回は、

ブログ = ①コンテンツ配信方法 ✕ ②コンテンツ内容 ✕ ③コンテンツ形式

の③コンテンツ形式について見ていきたいと思います。

ではまた。 

 

▼▼▼▼

ブログの種類 第5回 ブログの形式 - tsushan’s blog