Webディレクターtsushan’s blog

都内で大手アパレルのWebディレクターとして勤めているTsushanです。興味関心がある分野のアウトプットを増やすためブログを書いています。 当分はAIについて書いていきます。

【本】自分の時間を取り戻そう

おつおつ!今日はおやすみのつーしゃんです!

 

最近元気だぞ!元気の秘密はまた語るとして、

今日は本のメモ。「自分の時間を取り戻そう」アウトプットや!!

 

会社の本棚に置いてあったこの本は、前から知人の紹介で気になっていた。

買うほどの内容ではないけど、借りて読むには丁度な内容!

 

ざっくりいうと、今後の世界は、生産性の高いものが勝ち残ってくで!AirbnbUberのようにな!でも日本人は生産性が高いことに対して変な抵抗感があるし、そもそも正しく生産性というものを理解できてない!私がその生産性とやらを、その生産性を上げる方法を教えてあげるわよ!という内容のもの。

 

気になったところだけピックアップすると、

生産性とは

・かかったコスト(時間、金)に対して生み出された付加価値効率のこと。

生産性を上げる方法は基本以下2つ

・かけるコストは変えずに、付加価値を増やす。

・かけるコストを下げて、付加価値を現在と同じものにする。

 

そして、生産性を上げる方法を以下としている。(順不同)

・目的をはっきりさせる

・時間を制限する

・時間を見える化する

・業務ごとの投入時間を決める

・忙しくなる前に休みを決める

・バッファ

・まずやめる

・全部はやらない、最後までやると決めた場所はやる

 

自分なりに整理してみるとこうなる。

f:id:tsushan:20180129174509p:plain

目的を考える

・やる価値がなければ、即止める。

・やる価値あり

→どこまでやればいいのかを確認、洗い出しをする

→それって自分がやらないといけないのかを考える

→他の人でもできる→他人に任せるorお願いをする

(自分は常に手をかけられる状態にする。)

→他人にお願いをしても、どれぐらいの時間でそのタスクをやってもらうのかを説明する。また必要あれば、その作業に入るタイミングを決めてあげる。

→稼働時間の見える化(無駄な時間は削減していく。)

 

これらを達成するために、自分の時間を確保する前提条件が2つある・

一つが、忙しくなる前に、自分のやりたいことの時間を確保する。

もう一つが、金だけじゃなくて、時間も見える化にする。

ここでの時間は一つのタスクに対する稼働時間というより、週間の、月間の時間である。表やグラフにして自分がわかりやすく管理できるようにしておくことが大事になる。また、無駄な時間を削って、自己投資できる時間を捻出することで、より仕事もプライベートも充実になる。

 

ま、仕事はなくならないわけで。

先に自分がほしい分の最低限の休みを先に確保してから、仕事に取り掛かるのが1番健全的だよね。

そんなことを考えながら、今年の休みとその日することを次々と会社のカレンダーに押さえて行っています。

 

みなさんもぜひ、上記の項目を試してみてください!