Webディレクターtsushan’s blog

都内で大手アパレルのWebディレクターとして勤めているTsushanです。興味関心がある分野のアウトプットを増やすためブログを書いています。 当分はAIについて書いていきます。

【本】「決める」マネジメント

そういえば、先週沖縄へ行ってきたTsushanです。

 

今回紹介するのは、この本!!

「決める」マネジメント

 

感想から行きます。

 

 

最高だった!!!!!

 

 

リクルートHCソリューションの方が書いてたので、

手にとって見たものの、面白い面白いってなって3日で読み終わりました。

 

え?3日も、遅くない?

 

うん、、、というのも途中で読むのが辛くなったんですね〜。

この本に書いてあるよくある課題が、うちの会社の抱えてる課題と当てはまりすぎて、うちはホンマに大丈夫か!?という不安にかられて、気をもんでしまったたんだよね。。あー、つらかった。

でも、それに対する対処法も書かれていたから、会社に合わせて対処法をアレンジする必要はあると思いますが、自分には相当役に立ちましたよ。(読了後実践談)

 

じゃ、この本の挙げている課題はなんなのか、

それに対する対策はなんなのか、を軽くいくつかピックアップして、書いていきます。

全部ちゃんと知りたいという方は、

本を自ら読んだ方が、色々身につくと思いますよ!!ぜひ!

 

「決める」マネジメント――人を活かす職場をつくる

 

本を読んで、うちの案件が抱えている問題は以下という認識を持った。

①方針について

・質と量を交互に決められていない

・方針が全然語られない

 

②マネージャーについて

・方針に沿って褒めるもしくは、怒ることがあまりない(そもそも褒めない)

・プレーヤーマネージャーの増加、それゆえ「未来」に割く時間が少ない

・リーダーの業務多すぎ?(まず知らない)

・現場と上層部が考えるマネージャー像に乖離がある

 

これらの問題をマネージャー陣以上の人と話して見た結果、

現在の課題は根深い問題で、

マネージャー陣の考え方を変えるのは正直難しいと思う。

だから現場にいる自分が率先して、マネージャー陣の仕事を巻取り、

マネージャーの役割をしていくしかないと感じた。

 

そして本で参考になったリーダーの役割は以下

・方針を決める

・方針を元に、個々の役割のフル

・方針を語る

・方針を元に毎日の評価をしていく

・方針を見直す

 

これは、常に心に止めておこうと思った。

自分に残されている時間はあと、1年と半年。

 

腹くくって、適度に手を抜いて、いい感じに働こうと思う。

 

みなさんもぜひ、本読んでみてくださいね!